HOME > 傷んだウッドデッキの解体工事 八王子市

スタッフブログ

傷んだウッドデッキの解体工事 八王子市

 

 

住まいの不安、不便、不安。

 

お庭や外構、エクステリアを見直すことで

 

解決できることがたくさんあります。

 

 

こんにちは、エクステリアプランナー 鈴木です。

 

 

 

今でも人気のウッドデッキ、

 

20年ほど前に東洋エクステリア現在のリクシルが

 

米杉と言われるレッドシダーを規格化したことで

 

たくさんのお庭で使われ始めました。

 

「ガーデニング」という言葉も出始めた頃で、

 

ボクもウッドデッキとレンガを使って、

 

たくさんのお庭を作らせていただきました。

 

 

レッドシダーの寿命は10年~15年程度と言われ、

 

メンテナンスをしていても寿命が来ます。

 

傷んだウッドデッキは見た目が悪く、

 

床が抜けたりすると危険です。

 

また、お庭に使えないデッドスペースを残すだけになるので、

 

解体や、やり替えを検討する時期かもしれません。

 

 

 

 

 

傷んだウッドデッキの解体工事 八王子市

 

八王子のA様邸のウッドデッキ。

 

15年程度経ち、傷みが激しくなり、

 

やり替えのご注文を頂きました。

 

 

 

傷んだウッドデッキの解体工事 八王子市

傷んだウッドデッキの解体工事 八王子市

 

 

傷みが出やすいのが、床板の端部や継ぎ目などの切り口。

 

施工時に保護剤を塗布しても、水分が入りやすく、

 

腐朽菌が繁殖して木材を腐らせていきます。

 

 

 

ということで、解体開始。

 

 


 

 

 

傷んだウッドデッキの解体工事 八王子市

 

 

垂直面のフェンスは雨の影響を受けにくいので、

 

水平面の床板に比べ傷み度合は少ないですが、こちらも解体。

 

 

 

 

 

 

 

 

傷んだウッドデッキの解体工事 八王子市

 

 

床板は釘で止めていたので、

 

バールを使って抜き取ります。

 

 

 

傷んだウッドデッキの解体工事 八王子市

傷んだウッドデッキの解体工事 八王子市

 

 

無事、傷んだウッドデッキの解体が終わりました。

 

今回は既存のサンルームを再活用する計画。

 

サンルームの復旧がしやすいように工夫しました。

 

 

 

傷んだウッドデッキの解体工事 八王子市

傷んだウッドデッキの解体工事 八王子市

 

 

ウッドデッキの解体が終わり、

 

広くなったお庭を見て、

 

お客様の構想も変わったようです。

 

 

当初、ウッドデッキの復旧の予定でしたが、

 

 

石貼りのデザインテラスに変更。

 

 

素敵なサンルームも上手く活用できそうです。

 

 

当社、ウッドデッキ施工例はコチラ

 

 

 

傷んだウッドデッキの解体工事 八王子市のお問い合わせはこちら

関連のスタッフブログを見る

一覧にもどる