HOME > くさらないウッドデッキの弱点・・・・

スタッフブログ

くさらないウッドデッキの弱点・・・・

人工ウッドデッキの弱点

             人工木ウッドデッキの弱点・・・

 

 

 こんにちは。

 

エクステリアプランナー 鈴木です。

 

 

 

 

ウッドデッキ。

 

ご家族とお庭での団欒やペットとの癒しの時間などアクティブな使い方はもちろん、

 

室内の床面とお庭がほぼ同じ高さになるので、お部屋が明るく広く見える効果もあり、

 

人気の商品ですね。

 

 

 

しか~し・・・

 

 

 「ウッドデッキ・・・・・くさるし、手入れが大変でしょ・・・・・。」

 

 

ウッドデッキというと、必ずそんなお言葉が返ってきます。

 

 

そして、

 

 

「最近はくさらないウッドデッキもあるんでしょ?」

 

 

と、続きます。

 

 

 

 

ハイ!

 

 

 

 

一昔前のウッドデッキと言えば、「レッドシダー」という木材が主流でした。

 

加工がしやすく、柔らかい質感で愛されましたが、

 

寿命は10~15年程度。

 

また、毎年の手入れも欠かせませんでした。

 

当社でもたくさんのレッドシダーのウッドデッキを工事させてもらいましたが、

 

最近ではメンテナンスや、寿命による交換工事などが増えています。

 

 

 

 

そして、今は自然木材でも非常に硬質でウリンやバツに代表される「ハードウッド」と、

 

木材と樹脂を混ぜて作った人工のウッドデッキがほとんど。

 

ともに、メンテナンスが不要!手入れいらず!が大きな特徴です。

 

さて、その木材と樹脂を混ぜた人工木のウッドデッキ。

 

これからの季節は床面温度が上昇しますので注意が必要です。

 

 

 

 

 

 

 

メーカーも年々改良して温度上昇を抑える商品を作っていますが、

 

実際、この季節でも日当たりのよい場所の人工木のウッドデッキは

 

靴下を履いていても暑くて乗っていられない位です。

 

 

真夏はともかく、この季節はデッキに出て楽しく過ごしたいですよね。

 

でも、日当たりのよすぎる場所では注意が必要です。

 

そんな時は、テラスやパーゴラ、シェードなどの日除けを取付けたり、

 

人工木に比べて温度が上がりにくいハードウッドのウッドデッキも検討されるといかがでしょうか。

ハードウッドのウッドデッキの記事はコチラ

 

ウッドデッキ、ガーデンルームの体感会・提案会を行います!

くさらないウッドデッキの弱点・・・・のお問い合わせはこちら

一覧にもどる