HOME > 自転車置場の屋根とアルミの枕木を設置

スタッフブログ

自転車置場の屋根とアルミの枕木を設置

自転車置場の屋根取付前

▲自転車置場の屋根設置前

こんにちは!エクステリアプランナーの隅谷です。

 

以前にもお庭の外構工事を依頼いただいた

 

町田市のA様邸。

 

いままで、決まった自転車置場がありませんでした。

 

今回お車を1台にされるのに合わせて、

 

キチンとした自転車置場の

 

スペースを確保することにしたんです。

 

そこで、自転車置場には屋根を設置することに・・・

 

自転車は雨に濡れるとサビなどの傷みも早くなりますし、

 

雨上がり自転車を使うときに、

 

自転車のサドルやハンドルを拭いてからというのも、

 

結構面倒ですよね。

 

自転車置場に屋根を取付

▲自転車置場の屋根設置後

というわけで、自転車置場の屋根設置後がこちら。

 

お家のイメージに合わせて、

 

LIXILのフーゴFミニを選択しました。

 

屋根がまっすぐでシャープなイメージですね。

 

自転車置場の大きさも出幅2.1m、

 

長さ3.6mのものを使用したので、

 

3台の自転車を悠々と停めることが出来ます。

 

お車での来客があったときは、

 

自転車を少しずらせば

 

以前と同じように車を停めることも可能。

アルミの枕木取付前

▲自転車置場の屋根とアルミの枕木を設置【アルミの枕木設置前】

自転車置場の設置に合わせて

 

今回ご依頼をいただいたのが、自転車置場の奥の枕木の取替え。

 

お庭が丸見えになってしまうこのスペースに、

 

A様ご自身で立てていた枕木が、朽ちてきてしまっていたんです。

アルミの枕木

▲自転車置場の屋根とアルミの枕木を設置【アルミの枕木】

自転車置場の奥のスペースには、

 

LIXILのデザイナーズパーツから、

 

アルミの枕木をチョイス。

 

サイズは8.5cm×15cmと存在感のあるものを使用しました。

 

5cmの間隔で並べているので、

 

風通しもよく圧迫感はありません。

 

このようにちょっと斜めからの目線になると

 

まったく中も見えなく目隠し効果抜群です。

 

アルミの枕木なので、朽ちる心配もなし。

 

枕木なのにメンテナンスの必要がないのは、

 

とても楽でいいですよね。

 

自転車置場の屋根とアルミの枕木の設置工事、

 

これですべて完了です

 

 

 

その他当社の施工事例は、こちらをクリック

LIXILショールームでの相談会のご案内は、こちらをクリック

自転車置場の屋根とアルミの枕木を設置のお問い合わせはこちら

関連のスタッフブログを見る

一覧にもどる