HOME > 目隠しフェンスと鋳物門扉

スタッフブログ

目隠しフェンスと鋳物門扉

▲目隠しフェンスと鋳物門扉  セレビューRP3型フェンス

こんにちは。

 

相模原・町田で住宅の事なら何でもおまかせ下さい

 

エクステリアプランナーの清野です。

 

まだまだ暑い日が続いていますね

 

熱中症には気を付けて8月を乗り切りましょう。

 

今日は目隠しフェンスと鋳物門扉を施工させて頂いた

 

相模原市のO様邸のお話です。

▲目隠しフェンスと鋳物門扉  施工前

着工前の様子。

 

ブロックの上に鉄製の縦格子のフェンスがあり

 

その内側にラチスパネルと植物で目隠ししてありました。

 

今回の目的は目隠し。

 

ブロックは境界の真ん中に設置されているので 積み直すにしても

 

勝手に壊すことは出来ません。

 

ですので内側にフェンスを取付けることをお勧めしたんですよ

 

2段柱の上段に目隠しフェンスを取付けます。

▲目隠しフェンスと鋳物門扉  施工中

目隠しフェンスの柱数は6本。

 

門扉の柱が2本。

 

この仕事で一番大変なのはコンクリートのハツリ。

 

8箇所のハツリで職人さんもちょっとバテ気味

 

柱を設置してクランプで仮固定。

 

コンクリートはこの時期はすぐに乾くので仕事の進みは早いですね

▲目隠しフェンスと鋳物門扉  完成

数日後、完成しました

 

2段柱の上にはリクシルのセレビューRP3型フェンス。

 

高さはH1000で隣地からだと仕上がり高さはH1600程。

 

色はクリエラスク。

 

裏側もクリエラスク色になっていますので外から内からも綺麗ですね

 

明るい雰囲気の住宅とも調和がとれて良い感じです。

▲目隠しフェンスと鋳物門扉  コラゾン3型門扉

こちら鋳物門扉。

 

リクシルのコラゾン3型。

 

0408-10サイズの親子仕様。

 

コラゾン門扉は両面仕様なので

 

現場で左右の向き変更が可能なんですよ

 

カタログでは左が子扉で右が親扉の仕様なのですが

 

O様邸では左に親扉を取付。

 

右にガスメーターや室外機があるので

 

現場で左右の向きの変更が効くコラゾン門扉は良いですね。

 

それではお引渡し。

 

門扉の開閉・施錠確認。

 

フェンスの確認 外周に敷き詰めた砂利の確認

 

最後に社名シールを貼らせて頂いて完了。

 

新しくなった目隠しフェンスと鋳物門扉で

 

家の雰囲気もとても明るくなりましたね。

 

外構工事の事なら相模原市の東神ハウスにご相談下さい

 

今日は目隠しフェンスと鋳物門扉のお話でした。

 

 

好評のリクシルショールームでの相談会のご案内はこちらをクリック

目隠しフェンスと鋳物門扉のお問い合わせはこちら

関連のスタッフブログを見る

一覧にもどる