HOME > アプローチをピンコロで縁取り

スタッフブログ

アプローチをピンコロで縁取り

▲ピンコロでアプローチを縁取り

こんにちは。

 

相模原・町田で住宅の事なら何でもお任せ下さい。

 

エクステリアプランナーの清野です。

 

雨が多くなる時期にオススメの透水性インターロッキング。

 

大雨警報が出るくらいの雨量でも透水させる事が可能なので

 

水たまりの心配もほとんどありません

 

そんな透水性インターロッキングの施工をしている

 

相模原市のH様邸の進捗確認に伺いました。

今日のメインの作業はアプローチをピンコロで縁取りする事。

 

約7m位の曲線のアプローチ。

 

乱形石と中央部分は洗出しコンクリートで出来ていますが

 

何か物足りないと奥様が考えていたようです

 

そこでお庭の一部にも使っている90角のピンコロで

 

両側を縁どりをすることに。

▲ピンコロでアプローチを縁取  ピンコロ施工中

早速、職人が並べていました。


アプローチの色合いとグレーのピンコロがマッチしています。


ピンコロは小さな物なのでそれだけ目地の数も多くなるので手間が掛かります。


それでも並べると格好いいですね。

 

▲ピンコロでアプローチを縁取り  ピンコロ施工中

透水性インターロッキングも大分敷かれてきました。

 

ピンコロは透水性インターロッキングの縁としても使っています。

 

曲線が好みの奥様なのでピンコロの縁も曲線に並べます。

 

花壇や植木鉢の周りも曲線に仕上る予定。

▲ピンコロでアプローチを縁取り  枡の切欠き加工

さて透水性インターロッキングを敷いてく上で一番大変な作業。

 

それは枡周りの切欠き加工

 

なるべく丸くなるように何度もカッターでカット

 

まさに職人の技術の見せ所。

 

汚水の点検口や雨水の浸透桝は大概住宅の外周にあります

 

ですので 現場調査の時には注意が必要なんですよ。

 

この後は駐車スペース側に透水性インターロッキングを敷き詰めます

 

完成までもう少しです。楽しみです。

 

 

現場からは以上です  

 

好評のリクシルショールームでの相談会のご案内はこちらをクリック

アプローチをピンコロで縁取りのお問い合わせはこちら

関連のスタッフブログを見る

一覧にもどる