HOME > リフォーム外構工事の中間確認

スタッフブログ

リフォーム外構工事の中間確認

▲リフォーム外構工事の中間確認  1期工事

こんにちは。

 

相模原・町田で住宅の事なら何でもお任せ下さい。

 

エクステリアプランナーの清野です。

 

今年の5月は暑いですね

 

暑くなると熱中症に気をつけなくてがなりません。

 

6月に真夏日なら分かりますが5月は早いですよね。

 

何はともあれ夏バテ?には気を付けましょう

 

今日は先日より着工した座間市のK様邸の

 

リフォーム外構工事の中間確認の日です。

 

早速現場に向かってみましょう。

▲リフォーム外構工事の中間確認 着工前

着工前の状態。

 

玄関側の門壁がグラグラして危険だったので

 

ブロックを低くしてフェンスにする事に。

 

もう一つは駐車スペースの快適化です

 

庭の入口に両開きの門扉があります。

 

本来は車を入れる場所ではなかったので幅が狭いのと

 

庭に上がるのに急すぎるスロープを昇らなければなりません。

 

庭木を全て抜いてカーポートを作り

 

コンクリートを打設して駐車スペースを快適にします。

▲リフォーム外構工事の中間確認 解体作業

まずは解体です。

重機を使って庭木を抜きます。

 

ブロックは削岩機を使って壊しました。

 

玄関横の植木を抜くのが重機の先が

 

ギリギリ届かなくて大変だったんですよ

▲リフォーム外構工事の中間確認  カーポート完成

では中間確認です。

 

お庭にカーポートが設置されました。

 

リクシルのネスカRで柱の高さはロング28仕様。

 

K様の車の高さを考えてロング28にしました。

 

この高さならばワゴン車の屋根上にも十分スペースが取れそうですね

▲リフォーム外構工事の中間確認 伸縮門扉とフェンス

ノンキャスターの伸縮門扉も設置されました。

 

この部分は左右の傾斜と前後の傾斜があるので

 

通常のキャスター付きの伸縮門扉だと設置が難しいんです。

 

ですので四国化成のリフティングアコー1型ワイドを選びました。

 

ワイドタイプだと片開きでも4mまで対応できるので

 

広くした間口にはこのタイプがベスト

▲リフォーム外構工事の中間確認 1期工事

解体したブロックの上にフェンスを設置。

 

大分スッキリしましたね。

 

門壁が特にグラグラしていたので

 

これならば倒れる事はないでしょうから安心ですね

 

門壁にあったポストはポール付きのポストにチェンジ。

 

インターホンは玄関引き戸の柱に移設してます。

 

残りの作業は車庫入口からカーポートまでのコンクリート打設と

 

土留めブロック積みと車庫への階段造作。

 

あと2~3日で完成するで楽しみですね。

 

それでは次回は完成した姿をお届け致しますね

 

好評のリクシルショールームでの相談会(開催中)のご案内はこちらをクリック

リフォーム外構工事の中間確認のお問い合わせはこちら

関連のスタッフブログを見る

一覧にもどる