HOME > 倉庫シャッターのメンテナンス

スタッフブログ

倉庫シャッターのメンテナンス

▲倉庫シャッターのメンテナンス 水切りシャッタースラット

こんにちは。

 

相模原・町田で住宅の事なら何でもお任せ下さい。

 

エクステリアプランナーの清野です。

 

うだるような暑さですがまだ7月。

 

あと2ヶ月は暑いんでしょうね

 

水分と適度な塩分を忘れずに今日も頑張っていきましょう

 

今日のお話は展示場の倉庫シャッターのメンテナンス報告です。

▲倉庫シャッターのメンテナンス メンテナンス前

長年使っているとどうしても錆がでてしまうスチールシャッター。

 

展示場の倉庫シャッターも水切りスラットが錆びてボロボロ

 

開け閉めするのにも支障が出てきたのでメンテナンスを行いました。

▲倉庫シャッターのメンテナンス  補強しました

まずはアルミテープを用意。

 

それとシルバー色のスプレー。

 

これで準備OK

 

両方共に倉庫内にあった物なんですよ。

 

剥がれそうになっていた水切りをアルミテープで補強。

 

さらに補強した付近をスプレーで塗装しました。

 

補強した部分を触っても問題なさそうですね

 

これでしばらくは大丈夫でしょう。

▲倉庫シャッターのメンテナンス  イナバガレージ

展示場の倉庫はイナバガレージの大分古い物なんですが

 

こちらの写真は最新のイナバガレージ。

 

シャッター色は2色。

 

受注色で他に3色用意されてます。

 

イナバガレージはBLマーク(ベターリビング)がついております。

 

このマークがあると業界初の侵入窃盗被害修復費用支援が受けられるんですよ。

 

万が一に侵入・窃盗目的でガレージを破壊された場合は

 

修復支援金30,000円が支給される制度

 

詳しい事は当社スタッフまでお問い合わせ下さい

▲倉庫シャッターのメンテナンス  サビに配慮

さて今回メンテナンスしたシャッターのお話。

 

現在は大分改良されて品物もとても良くなっているんですよ。

 

まずはシャッターレールとシャッターレールカバー

 

これは耐久性に優れていることはもちろん

 

消音効果も期待出来る優れもの。

 

もう一つが水切りスラット

 

地盤と接触してサビやすいシャッター水切りスラットを

 

アルミ製にすることでサビの発生を抑えているんです。

 

これならば今回私がメンテナンスしたような面倒な事は防げそうですね

 

今日は展示場の倉庫シャッターのメンテナンスのお話でした。

 

好評のリクシルショールームでの相談会のご案内はこちらをクリック

倉庫シャッターのメンテナンスのお問い合わせはこちら

関連のスタッフブログを見る

一覧にもどる