HOME > テラス屋根のメンテナンス

スタッフブログ

テラス屋根のメンテナンス

▲テラス屋根のメンテナンス 屋根材交換

こんにちは。

 

相模原・町田で住宅の事なら何でもお任せ下さい。

 

エクステリアプランナーの清野です。

 

今日の気温は久しぶりに30度に届かないようですね。

 

週末は35度になるとの予報が出てるのでしっかりと水分を取って

 

熱中症にならないように気を付けましょうね

 

今日はテラス屋根のメンテナンスのお話です。

▲テラス屋根のメンテナンス 施工前

10数年前に取付したテラス屋根。

 

屋根材はアクリル板のようで雪が落下して割れていました

 

メーカーと商品名が分かると屋根材の手配は簡単なのですが・・・。

 

それが分からないと今の屋根材の幅より少し大きめの物を手配して

 

現場で加工をする必要があるんです。

 

ですのでまずは商品名が分かるシールでも貼ってないかとチェック

 

すると柱の上の方にシールが貼ってありました

 

TOEXのJテラス。

 

10年以上前に廃盤になっている商品ですが名前が分かれば大丈夫。

 

メーカーに問い合わせしてメンテナンス用の屋根材が手配出来るとの事で一安心

▲テラス屋根のメンテナンス アクリル板撤去

材料も入荷して交換作業です。

 

まずは既存の屋根材を剥がしていきます。

 

アクリル板とポリカ板は見た目には区別がつきません。

 

ですが強度がまったく違う物なので

 

取外した物を上から落とすと簡単に割れてしまいます。

 

これは間違いなくアクリル板と判断出来る瞬間ですね

▲テラス屋根のメンテナンス  施工中

屋根材を全て剥がした状態。

 

屋根材と共に今回は垂木ビート材というものも交換します。

 

垂木ビート材はゴムのような物で大分劣化して垂れてきてました。

 

新しい屋根材を取付ける時には新しい垂木ビートに交換するのが万全の策

▲テラス屋根のメンテナンス 屋根材交換完了

作業は順調に行われ完成。

 

TOEXは現在LIXILに社名変更されてます。

 

このLIXILのメンテナンス用ポリカ板を使って交換。

 

屋根材の色も以前と遜色ないので今までの雰囲気と変わりませんね

 

ポリカ板なので割れる心配は

 

アクリル板に比べほとんどありませんよ。

 

最後に外れていた雨樋や蜂の巣も除去してお引渡し。

 

お客様にはとても喜んで頂けましたよ

 

今日はテラス屋根のメンテナンスとして屋根材交換のお話でした。

 

ご自宅のカーポートやテラス屋根の具合が悪そうでしたら

 

当社スタッフまでお気軽にお問合せ下さいませ

 

好評のリクシルショールームでの相談会のご案内はこちらをクリック

テラス屋根のメンテナンスのお問い合わせはこちら

関連のスタッフブログを見る

一覧にもどる