HOME > 30年前のカーポートの屋根材交換

スタッフブログ

30年前のカーポートの屋根材交換

▲30年前のカーポートの屋根材交換 YKKリラポート

こんにちは。

 

相模原・町田で住宅の事なら何でもお任せ下さい。

 

エクステリアプランナーの清野です。

 

今日も涼しい一日でしたね。

 

雨で工事が遅れるのがちょっと心配ですけど・・・

 

先週の木曜日にカーポートの屋根材交換を行いました。

 

今日はその時のお話。

 

作業中に物を落として屋根材を割ってしまったので見てほしいとのご依頼。

 

現場調査に行ってみるとカーポートの柱にシールは貼ってあるのを見つけました。

 

色褪せしてほとんど読み取れないのですが

 

何とかYKKリラポートの表記を発見

 

このカーポートですが販売されたのは1987年なんで30年前の物なんですよ

▲30年前のカーポートの屋根材交換 割れたアクリル板

割れてしまったアクリル板。

 

塗装作業中に上から部品を落としてしまった模様

 

今時のカーポートはポリカ板が主流なので

 

そう簡単に割れることはないのですが

 

今から20年前位はアクリル板が主流だったんですよ。

 

ですのでポリカ板が出た時はかなり画期的だった覚えがありますね。

▲30年前のカーポートの屋根材交換 施工開始

施工の日。

 

材料はYKKさんに特注で作って貰いました。

 

もちろんポリカ板ですよ

 

屋根材は6枚で構成されてますが交換するのは割れてしまった3枚。

 

お客様の希望で新しい3枚を前側につけてとのことでしたが

 

試しに外してみると だいぶ弱くなっていることが判明。

 

ですので割れてる場所だけ入れ替えする事に。

▲30年前のカーポートの屋根材交換 屋根材取付中

通常のカーポートの屋根材の貼り替えなら汎用品で対応できるのですが

 

このリラポートの屋根材は曲線部分を折り曲げて形を作っている

 

特殊な屋根材なので汎用品では代用が効きません。

 

長さが3m以上ある事と折り曲げて形を作っている事で

 

施工するのにも扱いが難しそう。

 

職人さんもいつもより苦労して取付していましたよ

▲30年前のカーポートの屋根材交換 無事完成

無事に作業を終えて完成。

 

今回は柱にシールが貼ってあって何とか読み取れたので

 

早い段階で商品を特定する事が出来ました

 

YKKリラポート。

 

30年前の商品でもYKKさんでメンテナンス対応が出来るんですね

 

商品に貼ってあるシールや取扱い説明書などは

 

後々の為には無くさずに保管しといて下さいね。

 

そうすると何かあった時の対応が早く出来ますからね。

 

今日は30年前のカーポートの屋根材交換のお話でした

 

好評のリクシルショールームでの相談会のご案内はこちらをクリック

30年前のカーポートの屋根材交換のお問い合わせはこちら

関連のスタッフブログを見る

一覧にもどる