照明で心地よい空間を演出する

ホテルやレストランでよく見かける夜間照明は、その建物のコンセプトに沿った雰囲気を演出するのに設置されています。
一般住宅でもガーデニングやアプローチ、門まわりの雰囲気やイメージを創り出す外構工事として、よく見かけるようになりました。
夜の空間を演出することや安全面や防犯面でも設置を考える方が増えており、東神ハウスでは、お客様のこだわりをお伺いしながら、トータルデザインとして照明工事をサポートいたします。

照明の役割

照明工事を検討する際に、どんなことに配慮するのかを考える必要があります。まずは照明工事をするメリット面を見ていきます。

1. こだわり空間の演出

夜間における空間を印象的なイメージを与えるのに照明工事がとても有効です。
アプローチでの足元の照明や、庭を魅せるための照明、表札など印象付けたい箇所へのスポットライトなど、多様な照明プランニングにてお客様ごとにこだわりのある外観にすることが可能です。

2. 安全性を高める

よく使用する空間として、玄関先までのアプローチの段差は転倒などの危険が潜んでいます。より安全性を高めるために、玄関まわりで足元に照明を設置することや、テラスやウッドデッキにフットライトを設置し、デッキからの転落などを防ぐことが期待できます。照明工事を考える際に、より快適に暮らして頂くためのご提案をします。

3. 防犯対策としての照明

裏口や勝手口など人の目に触れにくい箇所への照明設置は、不審者に対する防犯対策として有効です。夜間に暗がりとなってしまう部分を極力減らすことと合わせて、照明工事により安心できる生活空間を作り出します。

照明の種類

工事する箇所によって、照明の種類は異なります。

ポールライト

円筒形や角筒形をした庭園灯で、照明周りを優しくて照らします。

玄関先アプローチや庭園など

アッパーライト

高い位置に設置し、天井や壁を照らす間接照明です。

玄関先など

フットライト

通り道の境界を分かりやすくする足元を照らす照明で、安全面で効果的です。

玄関先アプローチやデッキなど

スポットライト

特定の場所を明るく照らす照明です。

庭や樹木、庭や車庫など

照明工事をする上でのポイント

照明工事を検討する際に、検討すべき項目として次のポイントが重要です。

空間の演出を考える

お客様が考えるガーデニングや庭まわり空間のイメージを踏まえて、高級感のある雰囲気やリゾートの雰囲気を醸し出す照明工事をします。

照明設置する位置

照明を設置し、どこを照らすのか、どう魅せるのかを考えて設置することが大切です。
空間の演出に合わせ、最適な照明の設置位置を考えます。

どの照明器具にするのか

創り出したい空間イメージを踏まえて、どういった照明器具を使うかを考えることが重要です。照明器具自体がおしゃれにデザインされているものから、あくまでも空間づくりのために光を当てるための照明器具まであるので、いずかを選ぶことで、空間が創り出す雰囲気が大きく変化します。

昼と夜で異なる家の印象を創り出す照明工事

家の雰囲気を創る工事として、照明工事は有効です。
時間によるタイマー機能や、人の動きに反応し点灯する機能など、照明器具の機能も考えることで、より快適で安全なこだわりの空間を演出できます。東神ハウスでは、お客様にご満足頂ける照明工事となるよう、エクステリアプランナーやインテリアコーディネーター、建築士などのプロによるトータルデザインとしてサポート致します。イメージを踏まえた照明器具のご相談や費用、デザインなど気になることがございましたら、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

エクステリア・外観・ガーデニングなど
何でもお気軽にご相談ください。

イメージしているもので見積りして欲しい方
いろんな提案を聞きたい方
展示場見学とプロからのご提案をいたします

来場予約 お問合わせ ページトップへ