門扉・門柱など家の顔である門まわり工事をご提案

門まわりは、家の外観を印象付ける家の顔にあたります。
加えて、ポスト・表札・インターホン・門扉・門柱などの機能が集約した空間です。
最もこだわりがつまった空間となるため、門扉の必要性の有無、素材へのこだわりなど、トータルデザインや機能性を考慮した設計を考えることが大切です。
東神ハウスでは、お客様のこだわりをお伺いしながら、長く快適にご満足頂ける門まわり工事をエクステリア専門のプランナーがご提案致します。

門まわり工事のポイント

門まわりは、家の第一印象を決めます。敷地条件や機能面から門扉から玄関アプローチまでを考え、お客様のこだわりのデザインやイメージを考慮して設計することが大切です。

使いやすさ

敷地条件に応じて、門扉の開き方を考える必要があります。

左右対称の両開きタイプ

左右のバランスが良く、見栄えが良い門扉です。
敷地条件として、ある程度幅がないと設置が困難です。

大きさが異なる親子扉タイプ

大きさが均等でない扉があり、片方の門を開け閉めして通行する使い勝手が良い門扉です。

扉1つの片開きタイプ

扉が1つなので、敷地条件としても横幅が狭い門でも設置可能です。

スライド式の引き戸タイプ

奥域が狭い場合に有効な引き戸です。
ただし、敷地条件としては、横幅が必要となります。

伸縮門扉のタイプ

奥域が狭い場合に有効な引き戸です。
スライド式の引き戸タイプと比べ、横幅の問題が解消されます。

防犯性

玄関先の門まわりはもちろん、勝手口や裏口など人目につかない場所に門扉を設置することで、不審者からの侵入を防ぐ役割があります。

デザイン性

門まわりのデザインにより、外観の印象が変わります。

オープンスタイル

門扉を設置せず、開放的な門まわりデザイン。
門柱に表札やインターホン、ポストなどを設置します。

クローズドスタイル

門扉と門柱を設置し、家の敷地と外との境界線を作ります。
視線を遮り、プライバシー空間を作れます。

門まわり工事の施工のポイント

周辺環境や外構全体とのバランス

外観全体のデザイン、色調や素材とのトータルデザインを考えることが大切です。
また、街並みとの一体感なども踏まえて、奇抜になりすぎることのないように設計段階からプロ目線でのご提案をさせて頂きます。

セキュリティー面

家の顔となる門まわりは、近隣からの目線や防犯の面で、しっかりと機能するかどうかが大切です。プライバシーを守りつつ、こだわりのデザインでご満足頂ける門まわりの空間となるようにエクステリアプランナーがサポート致します。

使いやすさと安全性

毎日使う空間だからこそ、生活動線の一部として使いやすさや安全面を考えて設計することが大切です。例えば、段差を少なくしバリアフリーの設計とすることや、インターホンのカメラは来客の顔が見える高さにあるか、荷物や自転車などを持って、スムーズに移動できるかなど。敷地条件に合わせて、安全で満足のいく門まわり工事をご提案します。

家の印象が変わる門まわり工事

家の顔となる門まわり工事は、こだわりが詰まった空間となります。門扉や門柱、表札、ポストなど、それぞれを好みに合わせて選ぶよりも、家の外観全体のデザインイメージやバランスを踏まえて考えるトータルデザインとして設計いただくことが大切です。
東神ハウスでは、お客様にご満足頂ける門まわりとなるよう、エクステリアプランナーやインテリアコーディネーター、建築士などプロ目線にてサポート致します。費用、デザインなど気になることがございましたら、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

エクステリア・外観・ガーデニングなど
何でもお気軽にご相談ください。

イメージしているもので見積りして欲しい方
いろんな提案を聞きたい方
展示場見学とプロからのご提案をいたします

来場予約 お問合わせ ページトップへ