プライベート空間の確保に最適

お隣さんとの家の距離が近い、道路から洗濯物が見えないようにしたいなど、家周りのプライベート空間を確保したいと思われたことはございませんか?目隠し・フェンス工事はそんな方にお勧めの工事内容になります。
目隠しフェンスを設置したい理由は、ご家族により様々ですので、東神ハウスでは目的に応じたご提案をさせていただきます。

目隠しフェンスとは

目隠しフェンスとは、道路やお隣の家などから家やお庭を見られないようにするために設置する、背の高いフェンスのことです。隣接する家との間や、道路沿い、玄関前などに取り付ける方が多いです。

目隠しフェンスのメリット・デメリット

メリット.1 プライバシーの確保

目隠しフェンスを設置される方の理由で最も多いのが「プレイバシーの確保」です。近年は密集して住宅を建築するケースが増えてきているため、目隠しフェンスを設置することで「カーテンを開けた開放的な状態で、くつろげるようになった」など、家周りのプライベートを確保することができます。

メリット.2 庭に出る機会が増える

お隣の視線が気になり、庭にでることがなくなってしまった・・・。そんな方にも目隠しフェンスはお勧めです。目隠しフェンスで視線を遮ることで、視線を気にすることなく庭のお手入れなどをすることができます。また、プランターが付きのフェンスもあるため、ガーデニングをしたいとお考えの方は、是非ご検討ください。

メリット.3 家の外観を変えられる

高すぎるフェンスや、重たいイメージの色・素材のフェンスを選んでしまうと圧迫感を感じるようになるかもしれません。適切な高さや、明るい色を選ぶことで解決できますので、是非ご相談ください。

デメリット:圧迫感を感じる

高すぎるフェンスや、重たいイメージの色・素材のフェンスを選んでしまうと圧迫感を感じるようになるかもしれません。適切な高さや、明るい色を選ぶことで解決できますので、是非ご相談ください。

目隠し・フェンスの選び方(目的)

1.高さ

まず、必要な高さがどの程度かを目的に応じて確認します。一般的に大人の目線から家を隠せる高さは180cm程度と言われています。フェンスの高さは180cm〜200cmを目安とすることが多いです。ブロック塀の上にフェンスを設置するときは、ブロック塀+フェンスの高さが180cm〜200cmになるようにしましょう。目隠しフェンスは高すぎると圧迫感が出て、お庭などが狭く感じてします可能性もありますので、必要以上に高くしないほうが良いです。

2.デザイン

目隠し・フェンスのデザインを決める際に気をつけたいのが、外から見た際と、家の中から見た際、両側で違和感がないようにすることです。また色は圧迫感を減らすために、白や淡い色、明るい色がお勧めです。個性的な色にしてしまうと、却って外から悪目立ちしてしまう恐れがあります。

3.採光・風通し

忘れがちなのが、採光・風通しです。外からの目隠しはしつつも、採光・風の通りは遮らない素材を選びましょう。家が和風であれば、竹垣などがお勧めです。

目隠しフェンスの素材と種類

では、具体的に素材と種類にはどんなものがあるのでしょうか。素材の特性を理解し家にあった種類を選択できるようにしましょう。

1.アルミ製・スチール製

家のデザインを選ばずマッチするため、アルミ製・スチール製素材の商品は人気が高いです。
デザインも横向きライン・縦向きライン・ラティス格子・ルーバータイプなど種類が多いため、家の雰囲気に合わせて選ぶことができます。

2.和風・竹垣デザイン

和風のお家でしたら、垣根・板垣・竹垣タイプもお勧めです。
自然素材のものと、樹脂製のものがあるので、耐久性や値段などを踏まえて検討してみるのはいかがでしょうか。採光性・風通しも確保できます。

3.木製

ナチュラルな雰囲気や、カントリー調がお好みの場合は木製フェンスも良いでしょう。木製素材のものと、人工木材製のものがありますので、メンテナンスの手間や耐久性、値段を踏まえて選ぶことをお勧めします。

目隠しフェンスの設置ポイント

1. 設置の理由・目的を明確にする

目隠しフェンスには様々な種類があり、設置の理由・目的によって使い分けることができます。例えば、同じ近隣からの視線を隠す場合でも「視線」のみを隠したい場合と「音・匂い」も防ぎたい場合で選ぶフェンスが異なってきます。
設置の目的や理由をご相談いただけましたら、弊社プランナーよりご提案させていただきます。

2. 敷地の状況を確認しましょう

目隠しを行う場合、敷地の状況、特に高低差が重要なポイントとなります。道路との高低差や、お隣との高低差など、見られる場所との高低差を確認しましょう。 見られる場所との位置関係が、見下ろされるような形になる場合は屋根パネルを目隠しのようなタイプにすることで対応できるので、目隠しフェンスは不要となります。

外からの視線を気にせず、くつろげる快適空間を

家を建てる時には気づかなかった外からの視線、またお隣に新しい家が建つなど周辺環境の変化によってプライベート空間が維持できなくなる、という話は昨今では珍しくありません。東神ハウスは、そんなお客様のお悩みを解決できるようご満足頂ける目隠し・フェンス工事をサポートさせて頂きます。気になることがございましたら、まずはお気軽にお問い合わせくださいませ。

エクステリア・外観・ガーデニングなど
何でもお気軽にご相談ください。

イメージしているもので見積りして欲しい方
いろんな提案を聞きたい方
展示場見学とプロからのご提案をいたします

来場予約 お問合わせ ページトップへ