カーポートで車の暑さ対策

▲カーポートで車の暑さ対策 フーゴA

こんにちは。

相模原・町田で住宅の事なら何でもお任せ下さい。

エクステリアプランナーの清野です。

夏の暑さから大切な愛車を守りましょう

この連日の暑さだと人間はもちろん車にもダメージがあるんですよ。

今日のテーマは「カーポートで夏の暑さ対策」です。

先日、相模原市のOBのお客様よりカーポートの現場調査のご依頼を頂きました。

おすすめするカーポートはリクシルのフーゴシリーズ

標準で風速42mまで耐えられる高耐久の優れもの。

早速現場へ向かいます。

▲カーポートで車の暑さ対策  現場調査

10年前に外構工事をさせて頂いた相模原市のM様邸。

大切な愛車を守る為、カーポートをご検討することに。

車庫内の前後の勾配が20cmほどありますね。

今回オススメするフーゴシリーズは標準柱でも柱髙が2200mmあるのですが

キャリアやボックスを載せる可能性を考慮して

ロング25柱でお見積もりします。

風速42mを耐えるのが標準スペック

着脱式サポート柱と母屋補強材を追加して耐積雪30cm仕様に。

万が一の雪でも安心ですよ

▲カーポートで車の暑さ対策  ポリカの温度測定

さて今日のテーマ「カーポートで夏の暑さ対策」は屋根材のお話。

まずは標準のポリカーボネート。

強度に優れ、紫外線を遮る屋根材。

特殊なコーティングで有害な紫外線をほぼ100%カット。

紫外線が人体に良くない事は知っているかと思いますが

車にとっても同じことなんですよ。

大切な愛車の塗装の色褪せや車内シートの日焼けなども防止します。

強度はガラスの200倍

ハンマーで叩いてもまず割れませんよ。

さて気になる温度の話。

測定したのは7月上旬の気温35度の条件。

まさに今の時期ですね

直射日光下だと車内温度が62度でダッシュボードが77度。

ポリカ屋根の下だと車内温度が50度でダッシュボードが58度。

社内温度がマイナス12度、ダッシュボードがマイナス20度近く暑さを抑えられんですよ。

▲カーポートで車の暑さ対策  熱線吸収ポリカの温度測定

次がオススメの屋根材

熱線吸収ポリカーボネート

通常のポリカーボネートに新素材を加えた屋根材。

ポリカーボネートの良い所は全て満たして

さらに熱線(近赤外線)をカット。

そして7月上旬の35度の時で車内温度が46度。

ダッシュボードが51度。

通常のポリカーボネートより車内が更にマイナス4度

ダッシュボードは更にマイナス7度も違うんですよ

通常のポリカは熱線をそのまま通してしまうのですが

熱線吸収タイプは屋根材自体が熱を吸収して

下部に熱を通さないようになってるんですよ。

暑さを防ぐにはこの熱線吸収ポリカーボネートがオススメ

▲カーポートで車の暑さ対策  フーゴAとロードスター

こちらはOBの相模原市のS様邸のカーポート「フーゴA」

愛車のロードスターが誇らしげに停まっています

大切な愛車なので雨除けはもちろん

いつまでも塗装が色褪せないようにと施工させて頂きました。

屋根材はお部屋が暗くならないようにクリアマット色。

カーポートで夏の暑さ対策してみませんか。

今年はまだまだ暑さが続きそう。

大切なお車の為にも是非カーポートを検討してみて下さい

今日は「カーポートで車の暑さ対策」のお話でした。

エクステリア・外観・ガーデニングなど
何でもお気軽にご相談ください。

イメージしているもので見積りして欲しい方
いろんな提案を聞きたい方
展示場見学とプロからのご提案をいたします

相模原市でエクステリア・外構・ガーデン工事の来店予約 相模原市でエクステリア・外構・ガーデン工事会社のお問合わせ 相模原市のエクステリア・外構・ガーデン工事会社のページトップ