介護の車両用に車庫増設工事 神奈川県相模原市

住まいの不便、不満、不安。

エクステリアを見直すことで

解決できることがたくさんあります。

 

こんにちは、エクステリアプランナー 鈴木です。

 

車庫増設の掘削、鋤取り作業 神奈川県

 

車に乗り込んで現場に向かおうとすると、

霜が降りたフロントガラスがキレイでした。

冬は冬の楽しみがありますね。

 

車庫増設の掘削、鋤取り作業 神奈川県

 

神奈川県相模原市のM様。

 

「介護の関係でヘルパーさんが来た時など、

車庫がもう一台分あると便利なので・・・。」

 

ということで、車庫の増設工事のご依頼を頂きました。

 

 

こちらのM様、ずっと前からの弊社のお客様で、

お嬢様たちのご自宅も、いろいろ工事させていただいています。

 

車庫増設の掘削、鋤取り作業 神奈川県

 

車庫増設のレイアウトはいくつかの条件から、

既存の車庫と反対側にすることに。

 

既存のブロック塀を解体し、

土を取る作業から。

 

車庫増設の掘削、鋤取り作業 神奈川県

 

道路を庭の高低差は20センチ程度。

 

当然車庫の入り口は道路と平らでないといけないので、

コンクリートの厚み分と、

高低差分を合せて土を取ることになります。

 

車庫増設の掘削、鋤取り作業 神奈川県

 

ブロックの解体後、道路からの入り口を作り、

土を掘るために重機を使います。

 

一般の方は「ブルトーザー」と言ったりもしますね。

確かに整地するためのブレードが着いていますが、

主に土を掘る作業がメインのこの重機、

「バックホー」とか、「ユンボ」と呼びます。

 

車庫増設の掘削、鋤取り作業 神奈川県

 

大きなシャベルでガッツリ土をすくっていきますが、

この作業を「掘削」(くっさく)とか、「鋤取り」(すきとり)と言います。

 

車庫増設の掘削、鋤取り作業 神奈川県

 

掘削して出た土は、シャベルを回してダンプの荷台に積んでいきます。

掘削した土は、固まったいて状態からほぐされるため、

元々の体積より量が増えるので、

残土を処分する際は、その分も見越して計算しています。

ダンプの荷台がいっぱいになったら、

残土の処分場まで行って処分します。

これが「残土処分」ですね。

 

車庫増設の掘削、鋤取り作業 神奈川県

 

道路と庭の高低差があったため、

隣とのブロックが浮いてしまわないか心配でしたが、

なんとか、新規の土留めをしなくても納まりそうです。

ただし、水道メーターは車庫の仕上がりに対して高いので、

バルブを閉め、水を止め、給水管(パイプ)を切って、

メーターの高さを車庫コンクリートの仕上がり高さに

合わせます。

また、土を掘ってみると道路側に謎のコンクリートのカタマリが出現・・・・。

これは壊してやらないといけません。

 

車庫の増設を希望される方で、道路と高低差がある場合は、

掘ってから起きるかもしれない工事も良く業者さんと打合せしてくださいね。

 

車庫増設の掘削、鋤取り作業 神奈川県

 

庭に残った寒そうな梅の木でしたが、

良く見ると、蕾がほころんでいます・・・。

 

エクステリア・外観・ガーデニングなど
何でもお気軽にご相談ください。

イメージしているもので見積りして欲しい方
いろんな提案を聞きたい方
展示場見学とプロからのご提案をいたします

来場予約 お問合わせ ページトップへ