目隠しフェンスの隙間をさらに目隠し

エクステリア、お庭のリフォームで快適生活

こんにちは、エクステリアプランナー 鈴木です。

 

お問合せの多い目隠しフェンス。

ブロック塀の上に目隠しフェンスと取付けると、

ブロックとフェンスの間に8センチほどの隙間が空きます。

一般的には目線より低い位置に来ることが多いので、

気にならなければそのままで問題はありません。

風も通りやすいですしね・・・。

 

目隠しフェンスをさらに目隠しする

 

化粧ブロックの塀と目隠しフェンスの間に

隙間が見えます。

 

ブロックとフェンスの施工の際、

「もし、ブロック塀とフェンスの隙間が気になるようなら

方法があるので言ってください」

とご説明しておきましたところ・・・。

 

しばらくして、

「やっぱり庭から見えるとこだけは隙間を隠せないか」

とのご希望がありまして、

「フェンス下残隙間カバー」を取付けました。

 

 

目隠しフェンスをさらに目隠し

 

ブロック塀とフェンスの隙間が埋まり、

目隠し効果もバッチリ!

 

目隠しフェンスをさらに目隠し

 

シックな色合いのブロック塀とフェンスなので、

隙間が埋まるとより高級感が出ますね。

 

目隠しフェンスをさらに目隠し

 

庭側は目隠し効果を考え、

隙間を埋め、

もう半分は目隠しの必要がないので、

隙間を空けたまま。

こんな施工も問題なしです。

 

使用したフェンス

LIXIL(リクシル) ライシス13型 

高さ1.0m 色:ブラック

オプション:フェンス下残すきまカバー

 

使用した化粧ブロック

東洋工業 リブラート

色:モードブラック

エクステリア・外観・ガーデニングなど
何でもお気軽にご相談ください。

イメージしているもので見積りして欲しい方
いろんな提案を聞きたい方
展示場見学とプロからのご提案をいたします

来場予約 お問合わせ ページトップへ