ニッチを入れたおしゃれなタイル門柱 横浜市泉区

住まいの不安、不便、不満・・・

お庭やエクステリア・外構を見直すことで

解決できることがたくさんあります。

 

こんにちは、エクステリアプランナー 鈴木です。

 

横浜市泉区で、ニッチを入れたおしゃれな門柱を工事中。

 

ニッチを入れたおしゃれなタイル門柱

 

建物は新昭和 ウィザースホーム

庭も広く、立派なお宅です。

室内もリビングから2階への吹き抜けが

とてもおしゃれなで、こだわり満載が良くわかります。

お庭や外構もおしゃれに作らないと・・・・。

心地よいプレッシャーです。

 

ニッチを入れたおしゃれなタイル門柱

 

外周に使う化粧ブロックは

東洋工業 リブラート 色はモードブラウン

細かいリブがさざ波のようで、

光の陰影を映し出します。

ナチュラル&スタイリッシュな印象のブロックですね。

 

ニッチを入れたおしゃれなタイル門柱

 

ニッチを入れたおしゃれなタイル門柱。

まずはブロックを積んで、門柱の下地を作ります。

 

ここではまだニッチ(壁をえぐってつくったくぼみ)

は見えてませんが・・・・・。

 

 

ニッチを入れたおしゃれなタイル門柱

 

ブロックでの下地を積み終わった状態。

ポストの段がへこみ、ニッチが出来ました。

ブロックの厚さは一般的に

10センチ、12センチ、15センチとあり、

ニッチのところは10センチのブロック。

それ以外は12センチのブロックを積むことで

その差、2センチのニッチが出来ます。

 

ブロック加工にもひと手間いれて、

ポストがニッチの上下中央に納まるように工夫。

こういう細かいところがおしゃれに仕上がるポイントです。

 

ベージュ色のホースはインターホンの配線に使います。

 

ニッチを入れたおしゃれなタイル門柱

 

ニッチを入れたおしゃれなタイル門柱

 

また、門柱を少しだけ折り返し、L型にすることで、

ニッチのコーナー部が生まれ、奥行き感がある門柱になり、

また、ポストの裏箱が見えにくくなり、

高級感のある落着いた佇まいに。

さらに、前面道路が坂になっているこの現場では、

車庫から庭への段差も違和感が無くなるというメリットも。

新昭和 ウィザースホームの建物とも相性が良さそうです。

 

ニッチを入れたおしゃれなタイル門柱

 

このように、ポストの裏箱は隠れるように納まります。

厚みの違うブロックは後側を揃えて積むので、

ニッチが出来るのは前側だけ。

後はスッキリ揃えて納めます。

 

ニッチを入れたおしゃれなタイル門柱

 

お庭で気兼ねなく過ごせるように、

目隠しフェンスも少し高めに。

人気の木目調目隠しフェンス、

アルファウッド、色はアイボリー。

 

ニッチを入れたおしゃれなタイル門柱

 

ウリンのウッドデッキ設置個所には、

防草シートを砂利敷きで準備完了。

 

引っ越し優先のスケジュールで、

一旦工事はひと休み。

タイル、自然石、ウッドデッキ、目隠しフェンス、

そして人工芝に植栽・・・・。

残りの工事は仕上がりが楽しみな物ばかりです。

 

 

 

エクステリア・外観・ガーデニングなど
何でもお気軽にご相談ください。

イメージしているもので見積りして欲しい方
いろんな提案を聞きたい方
展示場見学とプロからのご提案をいたします

来場予約 お問合わせ ページトップへ