里村工務店のおしゃれな外構 土工事編 神奈川県

住まいの不安、不満、不便

エクステリアで解決できることがたくさんあります。

 

こんにちは、エクステリアプランナー 鈴木です。

 

里村工務店さんで新築されたお客様の外構工事、着工しました。

 

里村工務店のおしゃれな外構工事 神奈川

 

工事の最初は車庫の土を取るところから。

 

バックホウと呼ばれるパワーシャベルで

丁寧に、そして力強く土を掘っていきます。

 

里村工務店のおしゃれな外構工事 神奈川

 

器用にバックホー(重機)を操る職人さん。

 

そのそばから土を均す職人さん。

 

コンビネーション良く、進めていきます

 

 

里村工務店のおしゃれな外構工事 神奈川

 

土を掘り進めながら、ときどき深さのチェック。

 

車庫はコンクリートで仕上げるので、

 

コンクリートの厚みと、

その下地になる砂利(砕石:さいせき)の厚みで

約20センチの深さで土を取り除いていきます。

 

 

里村工務店のおしゃれな外構工事 神奈川

 

それにしてバックホウ(重機)のパワー恐るべし。

一旦掘って掻き寄せた土を、すくい上げてダンプカーに。

 

職人さんもなぜか凛々しい表情。

 

里村工務店のおしゃれな外構工事 神奈川

 

今回は比較的柔らかい土なので、

作業もはかどりますね。

 

里村工務店のおしゃれな外構工事 神奈川

 

あらかた土を取ったところで、

コンクリートの仕上がり線を出しました。

矢印の先の青い線。

解りますかね・・・。

 

良くあるケースなのですが、

道路際のブロックは十分深く積んであるのですが、

(今回は3段)

80センチ程奥に行くと、ブロックの段数が変わり、

(今回は2段)

ブロックの底にあるコンクリートの基礎が見えてきました。

このままだと車庫のコンクリートを工事した際、

コンクリートの厚みが取れないので、

少しブロックの基礎を壊し、

車庫のコンクリートでブロックを押さえる形にします。

 

このように、土を掘ってみると、

埋設物やブロックの基礎、

または上下水、雨水の配管などが出ることがあるので、

臨機応変に対応する必要があるんですよね。

 

土を取り終えたら、

コンクリートの下地になる砂利(砕石:さいせき)を敷き、

道路に面したところに、

おしゃれなレンガで縁取りをしていく計画です。

 

エクステリア・外観・ガーデニングなど
何でもお気軽にご相談ください。

イメージしているもので見積りして欲しい方
いろんな提案を聞きたい方
展示場見学とプロからのご提案をいたします

来場予約 お問合わせ ページトップへ